TEACCHプログラム研究会へようこそ!!!!!!!!

Topics

TEACCHプログラム研究会第15回実践研究大会のお知らせ

 2年に1回、全国の支部のある地域にて実践研究大会を行ってきましたが、今回もコロナの影響を鑑みて、9月に行われた特別企画研修に引き続き、オンライン研修で開催することになりました。

日時は2022年2月13日(日)10:00~17:00となります。 今大会のテーマは

「TEACCH renaissance ~構造化の基本に帰ろう~」

 公開講座は「本当の構造化」というテーマで、TEACCH研会長の 内山登紀夫 氏よりお話をさせていただきます。公開講座のためTEACCH研会員だけでなく、会員でない人も参加できます。 (公開講座のみ期間限定の見逃し配信も用意しています。)

 そして会員の方は、お昼にランチョントーク「構造化のホンネ」、さらには実践報告が3分科会で行われます。全国の様々なステージの実践を聞くことができます。 会員でない方もTEACCH研の会員になっていただければ、全日参加もできます。 会員の方も、会員でない方もふるってご参加ください。 皆様のご参加お待ちしております。 会員になりたい方はこちらからhttp://www.teacchken.com/admission/index.html ※実践研究大会の詳細はこちらからご確認ください

参加方法:Peatixにて申し込みを行います。 以下の申し込みサイトにお入りください。 【実践大会の申し込みページ】 URL:https://peatix.com/event/3047162/view 締めきり2022年2月6日 定員に達した場合は早めに締め切らせていただきます

Kara Hume and the FPG autism team からの情報提供

TEACCHプログラム研究会  会長  内山 登紀夫

新型コロナウィルスの感染が続く中,学校が突然休みになって混乱したり、感染を心配するなど,先の見通しが立たず不安を抱いている自閉症スペクトラムの人たちは少なくないのではないでしょうか?

 このような不安な情況の中,2月にTEACCHコラボレーションセミナーでお世話になったカラ・ヒューム先生たちが,コロナウィルス流行時において自閉症者を支援するオンラインツールキットを開発されました。そしてそれを自閉症やそのご家族を支援されている関係者にシェアしてほしいと連絡がありましたので,シェアさせていただきます。実用的な対処方法,すぐに使えるリソースや実例,その他の情報源のリンクなどが含まれています。

 英語なのですが,オンライン翻訳や機械翻訳などを利用すると要旨は理解できるかと思います。

https://afirm.fpg.unc.edu/supporting-individuals-autism-through-uncertain-times

できるだけたくさんの人に役立てていただければと思います。よろしくお願いします。

今回、川崎医療福祉大学 社会連携センターTEACCH Autism ProgramのStaffの諏訪 利明先生、下田 茜先生、小田桐 早苗先生、重松 孝治先生が、カラ・ヒューム先生からご案内のありましたサイトを翻訳してくださいました。表やマークの部分、アプリリストの部分などは訳せていませんとおっしゃられていましたが、これだけでも十分内容がわかるように翻訳してくださいました。本当にありがとうございます。

翻訳された資料はこちらから「不確実な時に自閉症の人を支援するということ」(訳)